2002/8/9   上半期の刑法犯数 過去最悪 更新
読売新聞    殺人・強盗 検挙率は最低

全国の警察が今年上半期(1〜6月)に認知した刑法犯は
135万1727件を記録し、過去最悪だった昨年同期を4,9%
上回ったことが警察庁のまとめでわかった。
検挙率は20,1%で、史上最低の昨年同期より1,1ポイント
改善したものの、5件に1件しか事件が解決しない異常な
状況は続いている。
全刑法犯の約8割を占める窃盗のうち、侵入盗は昨年同期比
12,9%増の16万1809件を記録した。
このうち特殊工具を使った「ピッキング盗」は
13,6%増の9975件で、昨年の減少傾向から増加に転じた。
ひったくりも10,7%多い2万5175件で、検挙者1726人のうち
少年が71,7%に上った。


2002/8/3   事務所荒らされ、63万円盗まれる
読売新聞

2日未明、熊谷市久保島、タクシー会社「籠原タクシー」の
事務所で警報装置が作動、警備会社から110番通報で
熊谷署員が駆け付けたところ、事務所南側の
出入り口ドアのガラスが破られ、事務所内にあった
売上金など約63万円が入った納金機(高さ約120a
幅約70a、奥行き役70a、重さ約150`)がなくなっていた。


2002/8/2   留守番小学生縛り2500万強奪
読売新聞    福島・いわき

1日午前3時ごろ、福島県いわき市錦町成沢、会社役員(63)方に
アジア系外国人とみられる男5,6人が押し入り留守番をしていた
孫の小学生(12)を粘着テープで縛り、現金約2500万円と
貴金属の入った耐火金庫を奪って逃走した。
小学生(12)は自力でテープをはがして母親に連絡
帰宅した母親が1時間後、いわき南署に通報した。
調べでは、男らのうち2人が小学生を縛り、残り3,4人で
高さ約1,5b、重さ約200`の金庫を運んだ。
男らは無施錠の玄関から侵入、車で逃走したらしい。