錠前の各部の名称と働き                 


名称 働き
サムターン デッドボルトを出し入れするためのつまみ。通常はサムターンが横になる。
ノブ ノブ自体は取っての役を果たし、ラッチボルト、デッドボルの出入りする穴と
ケースを扉に取付けるためのビス穴がある。
フロント(面座) 彫込型錠前ケースの扉の木口に出てくる面でラッチボルト、デッドボルトの
出入りする穴とケースを扉に取付けるためのビス穴がある。
デッドボルト(本締) 施錠するためのカンヌキで、キー、サムターンで操作する。
ラッチボルト(仮締) 扉が風などであおられないための仮締りで、ノブで操作する。
ストライク(受座) ケースから出てくるラッチボルト、デッドボルトの「受け」で枠に取付ける。
ケース(錠箱) 錠前の機構の部分が納められていて、扉の中に納める彫込型と扉面に取付ける面付型がある。
シリンダー キーの入る部分で、そのシリンダー用以外のキーでは回転しないように
なっている。
バックセット フロント面からノブまたはシリンダーの中心までの長さを示す用語。
スペーシング ノブとシリンダーを別々に備える錠前で、その中心間の長さを示す用語。

 参考資料 美和ロック株式会社 

 錠前交換の際には、フロント面かケースに刻印してあるメーカー及び型番
 シリンダーの色を確認下さい。 叉、鍵の必要本数も御知らせ下さい。

 メールによる錠前交換も受け付けしています。
 お気軽にお問い合わせ下さい。